楽器は一人で選ばないで!大切な道具のはなし。

最終更新: 2020年3月24日

東海市の小さなフルート教室

らぱんフルート教室🐰

講師の岩崎有紗です。



今日は大切な楽器選びについて。フルート奏者として、フルート講師としての私個人の考えです。


当教室では体験レッスンの際は無料で楽器をお貸ししていますが、

続けてフルートを習っていくためには自分専用の楽器が必要です。


フルートを買ったから先生に習おう。という方もいらっしゃるかもしれません。ですが…


楽器を買われるときは、できれば…いや、必ず…!講師にご相談いただきたいです。

フルートのご経験がある方よりも、ご経験の無い方、音楽の知識があまりお詳しくない方は特にです。これは生徒さんご自身のためです。


なぜかというとフルートはたくさんのメーカーがありたくさんのモデルが売られています。

価格は1万円から高いものだとなんと1000万円以上するものもあります…!


大前提として買えるかどうかという選択基準も考えなければいけないですが、

これから練習して、レッスンを受けて上手くなりたい。そのために楽器を買うわけですよね?

理由もなく値段が安い楽器や高い楽器が流通しているわけではありません。

安過ぎる楽器はやはり「ワケ有り」です。


たくさんの種類があるなかでどんなものが自分に合うのか、

未経験を含めて今の実力と、先を見据えてどんな楽器を選ぶのか…

フルートや音楽の知識が少ない状態で、最善の選択をできる自信がありますか?


先生に高い楽器を勧められると断りにくい…という方もいらっしゃるかと思います。

それは私も経験があるので分かります。ですが先生になってみて思うのは、

先生は理由もなく高い楽器を勧めたりはしません。

わたしのフルートは自分が乗っている車より値段が高かったです。もちろん良い楽器です。

だからといって同じものを生徒さんに勧めたりはしません。

それは生徒さんと私ではフルートに対する関わり方が違うから。


また、フルートを始めたときから今の楽器を使っているわけではなくて

実力が上がるのに合わせて買い換えてきました。

技術が上がればそれに合わせてもっと良い道具を使いたいと思うのは当然のことだと思います。


極端な話。

プロでも3万円の楽器で100万円の音は出せません。

そして3万円の楽器で全力でパフォーマンスをしても実力は全く出しきれないと思います。

楽器が反応してくれないからです。むしろ楽器に邪魔されているとすら感じます。

そういうことを感じさせる道具を使って練習し続けても全くプラスになりません。


何が言いたいかというと、先生は必ずその生徒さんに合った楽器を勧めています。

ずっとフルートの世界で生きてきているわけですから

そこは信じて相談してもらいたいなあと思います。餅は餅屋ってやつです。


もちろんご予算もあると思いますし、一人一人の状況は違いますから、

生徒さんご自身がご納得できるような選択肢をご提案しています。

例えば新品に拘らず中古の楽器を購入するという手もあります。


続けられるかわからないのにいきなり高い楽器を買えないという方。それもわかります。

でもこれだけは…!という最低限の選択基準はあります。

それも知らずにオモチャ同然のものを購入してしまった方…

2万3万でも使い物にならなければ痛い出費です。


また、専門家だからこそ可能な、信頼できる購入ルートもご紹介ができます。

楽器は手入れすれば長く使えるものですからアフターケアも含めてです。


なので今までご相談なく楽器を買われた生徒さんを見てきて、

「本当に、もったいないなー」と思っていたので、

賛否両論あるかと思いますがブログに書かせていただいています。

もちろん、道具よりも気持ちが大事!という方もいらっしゃると思いますし、

そもそもどんな楽器でレッスンを受けようが生徒さんの自由です。と

突き放すことも私にとっては簡単なのですが…


数ある教室のなかからせっかくらぱんフルート教室にいらっしゃった生徒さんには

その方にとって最善のフルートライフを送ってもらいたいのです。

先生も含めて使えるものは使っちゃってください。




🌟ご相談はお問い合わせページからお気軽にどうぞ💁‍♀️