top of page
検索

【演奏の緊張克服】あがり症対策ワークショップを行いました


先月行った発表会(門下生によるフルートコンサート)の前に

人前で演奏するときに緊張して

思い通りに吹けない、

「あがり症」で困っているという

生徒さん向けに


ワークショップを行いましたので

レポートしたいと思います😊




このワークショップを開こうと思った

きっかけは、

今までおさらい会の経験はありましたが

今回のように、「生徒さん皆が同じ一つの演奏会に向けて準備していく」

ということが初めてだったため



生徒さんそれぞれのご様子を見ていると

コンクールのように競ったりしない、

勝ち負けもない、

身内が集まる楽しいコンサートだと


頭ではわかっていても、


やはり「人前で演奏する」という

プレッシャーから

きちんとレッスンを重ねて準備してきている

という事実があるのにも関わらず、

精神的に不安定になってきている方が

いらっしゃるなあ~と気が付いたことでした😌




それ自体、悪いことでも、

恥ずかしいことでも何でもなく、


私自身が本番で緊張しすぎて実力が出せず

悔しい思いを何度もしてきていて、


後から考えると何でもないようなことでも

一人で抱え込んでいる時間は

とても苦しいもので、


さらに凝り固まった思考で本番に臨んでも

良い結果を生まないことも経験済み😅

だったので、



✓「緊張」ってそもそも何?

✓なぜ緊張することをネガティブに考えるのか?

✓他の人はどう考えている?


などなど、

自分以外の人と共有できる機会があれば

心の持ちようも変わってくるかもしれないと思い、


演奏自体とは離れたところで

コンサートへの準備ができる機会として

このワークショップを開きました😊



前置きが長くなりましたが、

要は、「コンサートに出演する」ということを

とにかく楽しんでいただきたくて、


最初は自主的、積極的だったとしても

悩んだり、苦しんだりすることを

減らして差し上げたくて


そのために企画いたしました😊




実際に行ったワークショップの内容はこちらです


✧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈✧


①緊張したとき、身体と頭の中はどうなる?

②自分の性格を分析しよう

③パニックを回避する魔法の言葉

④あがり症に効く〇〇ほぐし

⑤あなただけに送るアドバイスメッセージ(タロットカード)


✧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈✧



①~⑤それぞれレポートしていきますね😊





①緊張したとき、身体と頭の中はどうなる?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「緊張したとき」と表現できるということは、

通常の状態とは違う、ということですよね?


通常の状態とは違う箇所はどこなのか?

具体的に挙げてもらいました😊



・手足が震える

・息ができなくなる

・顔に汗をかいてくる

・暑いのに手が冷たい  etc...



心の中は

・「帰りたい」と思う

・早く終わらないかなと思う

・いなくなりたい

または

・やたら冷静(あ~震えてるな~と状況分析したり)   etc...



自分と同じ!!と思うこともあり

そうでないところもあり…という発見がありました😊


この事項から、お二人はそれぞれ


■パニックになるタイプ

(緊張で身体がこわばる、心が拒否反応を示す)


■心と身体の反応が乖離しているタイプ

(身体は正直(震えなど出る)、でも頭は冷静)


というタイプだとわかりました😊



このように、だいたい自分が

どのようなパターンで

緊張に対して反応するかということを

自分自身で把握しておくことは大切です☝️





②自分の性格を分析しよう

━━━━━━━━━━━━


自分の性格で、緊張につながっている要素はあると思いますか?

と聞いてみると


「恥をかいちゃいけない」

「ちゃんと演奏しなきゃいけないと思っている」

「本番こそ120%じゃないといけない」

「足を引っ張りたくない」

「下手だと思われたくない」


など、正直な気持ちが出てきました😌


例えば、

・真面目

・人に嫌われたくない

・迷惑をかけたくない

・劣っていると思われたくない

・人に好かれたい

・自分にやたら厳しい(自己評価が低い)


という性格は、緊張に繋がりやすいと言われています。




わたしは、

「あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい」


という、シェイクスピアの名言を

お2人にお伝えしました。



他人からの評価を恐れるあまりに、

「演奏したい」という目的から

「緊張をどうにかしたい」というふうに

目的がすり替わっていませんか?


他人にどう思われるかよりも

自分がどうしたいのか?ということを

大切にしたいですね☺️





③パニックを回避する魔法の言葉

━━━━━━━━━━━━


これは私の演奏人生のなかで

本番前、弱気になりそうなとき

パニックになりそうなときに


先生や母親からかけてもらって、心に残った言葉

支えにしてきた言葉を3つお伝えさせていただきました。

(これは、ご参加の生徒さんだけにお伝え😊)


なにか自分のおまじないになるような

言葉があると、

そのことを考えているときは

緊張している自分の感情を排除できて

落ち着くことができますよ😊


自分にフィットする「格言」を、ぜひ探してみてはいかがでしょうか?





④あがり症に効く〇〇ほぐし

━━━━━━━━━━━━━


これも、ご参加の生徒さんだけにお伝えしました🙏


緊張すると、身体がうまく動きません。

すると、うまく楽器が扱えません。


その状況にさらに緊張することがあるので

身体をほぐして筋肉のうごきをよくすることで


心は緊張していても、楽器の扱いに影響なく

まずまずな演奏ができている

と自分でわかることで

緊張がとれやすくなるという


「外堀(身体)から埋めて、緊張(心)を取っていく」

という方法です😊





⑤あなただけに送るアドバイスメッセージ

(タロットカード)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後に、私が完全趣味でしているタロットを

おまけでさせていただきました😉


それぞれにメッセージカード、

アドバイスカードを引かせていただきましたよ🔮



お一人目の方


<メッセージカード>

ワンドの7


・有利な立場から物事をコントロールできる状態

・運気の風が吹き、なにもかもが味方になっているように感じるでしょう

・目的が定まっている、信念が生まれる

・弱さに打ち克つ


大丈夫ですよ😊やっかいごと(緊張に悩んでいること)は払いのけられますよ

というカードが出ました♪



<アドバイスカード>

ソードの5(逆位置)



・計画をしっかり練りなおして

・攻めより守りに転じて


コンサートまで残り1週間、

いままでやってきたこと、どんな風に吹きたいかを整理しなおして

自分にできることを確実にやっていきましょう😊

というアドバイスでした💛




お2人目の方

<メッセージカード>

ペンタクルのエース(逆位置)



・実力に絶対的な自信がまだない

・利益ばかり考え適切な行動が起こせない

・利益はあとからついてくると考えて


「いい恰好しよう」と力まずに、自分のできることをやれば

周りからの評価は後からついてきます😊


(見透かされているな~と声が漏れていました😂)




<アドバイスカード>

ソードのクイーン(逆位置)


爆笑していますが(笑)


・ピリピリした空気を出さないで (笑)

・笑顔を意識して

・気が休まらない状態



ヒステリックにならずに

勝ち負けにこだわらずに

無理しすぎて体調を崩さないように気を付けて😊


あれこれ考えずにシンプルに

演奏しようとすればうまくいきます

とお伝えさせていただきました😊




いかがでしたでしょうか?😊

主観を排除して

ヒントを与えてくれたり、

凝り固まった思考に風穴を開けてくれる

タロットが教えてくれるメッセージは

お二人の心に届いているように見えました☺️



今日ここに載せた以外にも盛り沢山だった

ワークショップですが、

思った以上にお役に立ったようで、

こんなご感想をいただきましたよ😊







ありがとうございました😊


その後行われたコンサートは

ご報告の通り、大成功でした🎉





この記事の内容が、

演奏のときの緊張でお悩みの方に

すこしでもお役に立てたらうれしいです😊


ご感想などありましたら

ぜひLINEから送ってくださいね




また、緊張にお悩みの方に対応したレッスンも

行っております。



✓場慣れが大事だと思い、取り組んだけど傷つくばかりでうまくいかない

✓自分だけが緊張が強いと思っている

✓本番後、楽しかった気持ちより後悔のほうが大きい


こんな経験ありませんか?



フルートの技術面だけでなく、

精神面のケアやサポートまで。


フルート演奏に必要なすべてを

レッスンでお伝えしています😌




Comments


bottom of page