top of page
検索

【開催レポ】フルーティスト・ピアノ伴奏者のためのアンサンブル勉強会

「フルーティスト・ピアノ伴奏者のためのアンサンブル勉強会」



11/4(土)

東海市芸術劇場中練習室


フルート8名・ピアノ2名の方にご参加いただきました😊




課題曲のシシリエンヌとEarth

どちらにも合わせる難しさがあります。


音色、テンポ、拍の取り方、

世界観の感じ方、立ち位置、

合図の出し方…


様々な切り口で

良いアンサンブルをつくるためにできることを

皆さんで共有・試行錯誤しました!




この会では演奏のレベルに焦点を当てずに、

「アンサンブルとして」という視点で

それぞれの持ち味や良さに気づき交流し合います。


フルート・ピアノが一体となって

音楽を作り上げる難しさ・奥深さ・楽しさを

学んでいただき

それぞれ音楽の幅を広げていただけたと思います😊





いただいたご感想です🌿


いろいろな方の演奏を聴いて感想を言う事が新鮮でとても面白かったです。次回も是非参加したいと思います。


本日は、こちらこそありがとうございました。とても有意義で楽しい会でした。また次回、参加したいと思います。宜しくお願いします。




ピアノで参加しました。

フルートの方と一緒に演奏することが初めてで、とても刺激を受けました!

私自身がなかなかピアノの練習がはかどらず、たどたどしい伴奏でしたが皆様が温かい気持ちで接して下さったのがとても嬉しかったです。

フルートはまだ初めてばかりなので、これから少しずつ演奏できるようになりたいです。

フルートの世界では、「歌ってしまう」ということを今回初めて知り、聴いてみてその違いが良く分かりました。

次回も機会があるとのことですので、またピアノ側で今度はみっちりと練習して気持ちの良いアンサンブルを楽しみたいです!

本日は皆様、そして先生に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございました!



今回は外部の方にもご参加頂き、よりいろいろなお話を伺えたので良かったと思いました。

今回は教室外から参加される方も多く、様々な音色を聴くことができ沢山の刺激を受けることができて良かったです。

大変だった点を挙げるとすれば、自分が感じたことをその場ですぐに言葉にするということです。国語的問題に直面し、我ながら何を言ってるんだろうと思ったりもしました。でも、振り返ってみればそれも、自分が何を思っているかハッキリさせるということに繋がり、曲と向き合う時の大切な要素だなと思ったので、今後に活かせればと思っています。


このようなイベントを企画してくださり、ありがとうございました。



これまではピアノは伴奏、主役はフルート、という感覚で、アンサンブルとして一緒に音楽を作っていく、という風には捉えていなかったな、と今 感じています。

ピアノと合わせることと言えば、音程は合ってるか?リズムは楽譜通りに吹けてるか?出る箇所のタイミングがあってるか?バランスは大丈夫?とそれくらいと思っていました。自分の役割をこなすことで精一杯でした。

今回勉強したのは、それ以外にもたくさんの要素があるということ…テンポ感・拍感、フレーズ感、メロディの捉え方、曲全体の構成、どういうイメージを持っているか、ピアノと一体となってどう作り上げるか。


それから 自分がいかに楽譜を読むのに精一杯だったかを痛感しました。曲の魅力、美しさや面白さを出すまでに至っていない。他の参加者の方からいろいろな意見を聞いて、皆さん 豊かなイメージと想像力があって 自分には乏しいな、ということを知ることができて良かったと思います。

これからの練習の励みになります。

ありがとうございました。




同じ曲でも人それぞれの捉え方があり、表現の仕方も様々で、大変面白かったです。

「この曲はこうあるべき!」と思いがちな自分にとっては、そうではないことを目の前で繰り広げてもらえて、とても勉強になりました。


もともと素敵な演奏だなと思っていても、先生や参加者の方のアドバイスによりどんどん変わっていくのを、目の当たりにしすごく面白かったと共に、いろいろな意見を聞けて勉強になりました。



アンサンブルは過去にやっていたことがあり今日久しぶりに合わせるということができてとても楽しかったです。1つの曲でも演奏者によって雰囲気が違い、改めて音楽の面白さを知れたような気がします。他の方から沢山の演奏方法を学べたので参考にして演奏の幅を広げていけたらいいなと思いました。また参加したいです☻




1人1人個性があるように、吹きたい速さ、曲のイメージ、どんな風に吹きたいか?などが違って当たり前だと思うので、それをピアニストさんと話をして、どうやって行こうか?と、お互いの描いているものを2人で擦り合わせていく、という作業が、アンサンブルをする上で必要だと思った。お互いが合わさっている一体感があると、とても素敵な演奏だなぁと思う事ができた。





🕊️次回開催のお知らせ🕊️

「フルーティスト・ピアノ伴奏者のためのアンサンブル勉強会②」



■日時

2024年2月18日(日) 9:30~11:30


■場所

東海市芸術劇場中練習室1


■課題曲

歌の翼による幻想曲

(楽譜は「フルート名曲31選/ドレミ楽譜出版社」を使用します)


■参加費

4,000円


■定員

フルート8名・ピアノ3名

(残席:フルート7名・ピアノ2名)



お申込みはLINEから「アンサンブル勉強会」とメッセージをお送りください。

Comentários


bottom of page